出口崇仁農園

農業体験はこちら

食卓が美味しいと、食卓に笑顔が溢れます。私たちは食べる人の健康と幸せのために、本当に美味しい「オーガニック野菜」づくりに命をかけています。

私たちは雑草や竹、もみ殻など、地元で手に入る自然資源を活用した地域循環型の有機自然農業をしています。

2016年に開催された日本有機農業普及協会が主催する「オーガニックフェスタ栄養価コンテスト」の人参部門では最優秀賞を受賞しました。

私たちが生産する人参は糖度が高いだけでなく抗酸化成分とビタミンCが通常の約2倍含まれるということでした。また、2017年夏にはピーマンの成分分析をお願いしたところ抗酸化成分が通常の3倍以上も含まれていることがわかりました。

抗酸化成分とは近年とても注目されていて病気や老化などの原因とされる活性酸素を除去する成分の事です。「第七の栄養素」「ファイトケミカル」などとも呼ばれています。

現代の野菜は、昔と比べて栄養価がとても低くなっていると言われていますが、自然の仕組みを人間がよく理解し自然の法則に沿って野菜を健康に育てると安心安全美味しいだけでなく、昔のように「高栄養価」の野菜が育つことが最新の研究で明らかになってきました。

私は農家になる以前は「人の健康の役に立ちたい!」と企業内の食堂で栄養士をしていたのですが
そこではコストや効率ばかりを重視し本当に食べる人の健康のための食を提供しているとは思えませんでした。

そして、健康について深く考えた結果、 オーガニック野菜に行きつき農家になることを決意し、
研修を経て新規就農しました。そして最高のオーガニック野菜を追求する中で失敗や思ったようにいかないことの連続でしたが今では、安心安全美味しいだけでなく昔の野菜のように「栄養価が高い」という食べる人の本当の健康のためになる私が目指していた理想の野菜づくりの形が見えつつあります。

私は、農業は食べる人の”命の材料”を育てる「生命産業」だと思っています。私たちは、ただお金のために野菜を育てるのではなく食べる人たちの健全なカラダとココロをつくりだす本物の野菜をこれからも追求していきます。

そして「人と地球を健康に!」を合言葉に地域で有機農業を盛り上げて人々の健康と食卓に笑顔を届けるためたくさんの幸せの種を蒔いていきます。これからもみなさんに応援していただけましたらこれほど心強いものはありません。

今後とも出口崇仁農園を、どうぞよろしくお願いいたします!

株式会社 出口崇仁農園 代表取締役 出口 崇仁

追伸

現在、出口崇仁(でぐちたかひと)農園ではもっともっと多くの人たちに究極のオーガニック野菜を届けるため本気で人も地球も健康にしたい!という最高の仲間を募集しています。「研修したい!」「一緒に働きたい!」という方おりましたらお気軽にご連絡ください。

一緒に”幸せの種”を蒔きましょう!!